日記・コラム・つぶやき

2019年1月 4日 (金)

平成31年お正月

 2019
 我が家恒例のお正月である。

 子供二家族、孫1人来れなく総勢11人が集まって、ゲームを楽しんだり食事した。

 みな成長して頼もしいかぎりである。
 干支亥のちぎり絵は小2結琳のカレンダーである。
Photo
書初めは結琳と中1紡の作品である。

2019_2

 暖人は幼稚園最後の年4月から1年生で、透磨は小4で二人はゲームに夢中だった。

 私は運転免許更新の認知機能検査だった。過去問対策して臨んだ。このあと、検査結果が3段階で出る。認知機能に問題なければ、高齢者講習を受けて免許更新の手続きに進む。運転を続けるには大変な労力がいる。

2019年1月 2日 (水)

ウイン・フィル2019

 Wine2019

 2019年が始まった。

 昨年、手術もあって気分は消極的であったが、体力も順調に回復してまずまずの1年であった。大きな記念日は父23回忌、母13回忌である。父は87歳、母は91歳で逝ったが最後まで元気であった。そして金婚である。

 ConstanzeとWalterからメールが届いた。ウインフィルの会場ウイン学友協会から発信である。写真と動画が添付されていた。

Happy New Year to all your family from Vienna.
We visited the New Year Concert it was great.
Hope you are all fine.
Greetings from Constanze and Walter

  同時にライブTV放送「ウイン・フィル・ニューイヤーコンサート2019」を観てたところであった。指揮者はベルリン出身59歳のクリスティアン・ティ-レマンである。最後の演奏、ヨハンシュトラウス「美しき青きドナウ」とヨハンの父「ラデッキー行進曲」だけがなじみの曲であった。

 過去の懐かしい状況が思い出された。26年前、彼らとインスブルグ大学で知った。その時、私は53歳であったが、学生の彼は当時の私に近い歳になったと思う。

 平均余命から、あと十年くらい生きれる。今年はやりたいことを躊躇なく計画しようかな。

2018年12月18日 (火)

リーフ試乗

2

 ゼロエミッション(排気ガスゼロ)電気自動車、1泊2日の試乗をした。昨年秋に発売された航続距離400kmの新モデルである。

 1日目中部国際空港に行った。片道86kmであり、名古屋高速と知多半島道路を使う。

 今年10月にオープンした「セントレア フライトオブドリーム」である。飛行機を目にして食事ができるレストランは満員で、空港の方で摂った。

 2日目郡上八幡にある慈恩寺である。片道50kmで東海北陸道を走った。

2_2

 初日に借りたとき満充電で走行距離約230kmと表示の約60%である。冬季は充電に不利な状態らしい。

 一般道に出て充電をしようと思ったが、要領が解らず家まで戻ってきた。残り電池15%60kmで後半ドライブはなんとも不安な気持ちであった。

 2日目は高速で2回も充電したので、不安は無かった。月2000円で会員になると全国の充電スポットは使い放題だそうだ。

 運転は静かでエコモードを外すと気持ち良いドライブが楽しめた。燃料経費は総距離280km、10km/L、150円/Lで、往復約4000円(スカイライン、ハイオク)になるが充電費はわずかと思う。

 燃費に関するデータである。1kmあたりリーフ4.3円(深夜2円)、プリウス5.2円、フィット(ガソリン)6.3円。100kmあたり充電費は昼333円、深夜144円、ガソリン600円(120円/L)のデータがある。

 あまり遠出する方でない。これまで時々行った、あるいは行きたいと思う場所と距離は次である。計画的な充電をしなければならないが、来春に550kmモデル(最悪予想330km)が予定されている。

 富山210、金沢200、KKR鳥羽162、KKR平湯160、伊良子岬160、KKR京都150、KKR琵琶湖150、高山123、KKR下呂95km

2018年10月17日 (水)

マンドリンと水墨画

2018

▼マンドリンアンサンブル・Gクレフ主催 第14回定期演奏会が10月8日サマランカホールにて開催された。

 最後に演奏された、音楽誌「美しき川長良」鈴木静一作曲は村里の情景が目にうかぶ素敵な曲であった。
 全部で8曲演奏され、聴衆は会場ほぼ満席で毎年に人気が出ている。

凌波仙子
Photo

屏山険境
Photo_2


▼清風水墨画生徒発表展 10月18日から23日までロイヤルホールで開催される。私は2点を出品した。全部で20人40作品が出品されている。

2018年9月19日 (水)

敬老会

 9月17日、長良東地域の敬老会に参加した。岐阜グランドホテルで催された。500人くらいと大勢の参加である。

 例にもれず市長代理、校長、県市議員の挨拶に時間を占める。

 中学生の挨拶や小学生の手紙などもあって気が和む。長良高コーラス、早田太鼓、琴と尺八の余興も良かった。  

  3 Photo_10

 Photo_3 Photo_4

小学生からのメッセイジ 9月21日は私たちの金婚記念日である
 Photo_8 Photo_9

 65歳以上の高齢者が日本は世界に比べ28.1%と最も高いそうだ。次にイタリア(23.1)、ポルトガル(21.9)、ドイツ(21.7)、フィンランド(21.6%)である。

 岐阜県の100歳以上は1118人おり、独居老人は約2000人という話を聞いた。これまで他人事と思っていたが身にしみることでもあった。

2018年9月18日 (火)

西伊豆堂ヶ島

 3日目スタートは堂ヶ島からである。

 昨日は堂ヶ島ニュー銀水に泊まった。

Photo_16

 港にある加山雄三ミュージアムに寄った。80歳の加山は若大将シリーズの映画、音楽、クルーズなど活躍がうかがえる。

 そして千貫門クルーズ50分に乗った。地底火山の噴火によって生じたさまざまな形の島々をめぐるクルーズである。

 昇竜といわれ、左手の黒い岩が上に昇っている。

Photo_17

 この島が千貫門かな?近くをスーとクルーズした。
2_2


3

 青の洞窟と云われる洞窟の中に入る。
Photo_18

 晴れていると「青の洞窟(天窓洞)」はこの様に見える。安山岩でできている海蝕洞窟で中央は天井の岩が抜け落ち天窓をなして光が差し込み青くなる。
Photo_21

 土肥、修善寺を経由して三島に戻った。

 土肥で食べた最後の昼食である。いつものように「そば」に始まり、「そば」で閉めた。

Photo_22

 静岡の銘酒を探していたT君が三島で「磯自慢」を買った。磯自慢酒造は焼津にある老舗酒蔵で高級な酒をだしている。

 O君はアカデミックな内容の盛り沢山の訪問先をスケジュールした。そして手際よく案内して本当充実した旅だった。 「h302.xlsx」をダウンロード

 T君は皆のお金を管理してくれて予算どうりの出費であった。「h30.xls」をダウンロード

 3日間の旅は無事終了して、来年まで元気で居ようと願って別れた。

伊豆下田

 ②

 2日目の出発は下田である。

 多々戸浜にある会員制ホテルジャパン下田に泊まった。久々の再会で夜12時まで話にふけった。

 ホテルの下に見える白い浜が美しい。

Photo

 屋外に大小のプールと室内プールがある。

Photo_2

 洞窟風呂があり外の眺めが素晴らしい

Photo_3

竜宮窟

  田牛という地名にあり、海食洞で洞窟天井が崩れ天窓が開かれた。近くにサンドスキー場がある。

Photo_19

寝姿山自然公園

 ロープウエイで寝姿山に登った。2011年10月に友人とこの公園散策と黒船に乗った。

 寝姿展望台:下田港の風景が一望できる。

Photo_23

 黒船見張所:ペリー来航に向けての砲台がある。

Photo_5


了仙寺
 幕末にペリーと日米下田条約が結ばれた場所である。

2_4

 

MoBS(黒船ミュージアム)

  ペリーの記念館である。

Photo_7

 そのあと、日米通商条約のためハリスがやってきた。

宝福寺

  姉芸者であった唐人お吉が待妾となりハリスの病の世話をしたという。漢方薬の入った薬箱が展示されている。お吉は身寄りもなく51歳で川に身を投げ命をたった。宝福寺の住職が手厚く葬ったとされお墓がある。お吉は愛知県内海の生まれであるが、伝説について諸説あるようだ。

Photo_24

Photo_8

 街で昼食を摂った。もちろん念願の金目鯛を食べて西伊豆方面に向かう。
Photo_14

松崎
 駿河湾に面し岩科川沿いにある小さな街で、当時の文化の高さを覗い知る、3か所を訪問する。

1 重文岩科学校

 初等教育の充実が町民の出資などの協力があってなされたという。

Photo_9

  校長室で説明を受ける。あとで卒業証書がもらえた。

Photo_10


2 長八美術館

 街のなまこ壁が有名であるが、その材料漆喰の左官工であった長八は芸術にたけていた。長八の作品が見られる。

Photo_11

  天井の絵

Photo_12

3 明治商家中瀬邸

 呉服商家の当時の様子がうかがえる。

Photo_13

2

  宿泊場所の堂ヶ島に向かう。

2018年9月17日 (月)

伊豆修善寺

 ①

 9月12日~14日に瑞陵同期生と伊豆を旅した。川崎のO君が企画し、名古屋のS君、近江八幡のT君と4人である。昨年は乗鞍高原であったが、今年は2泊である。1日目はO君がメンバーの多々戸浜「ホテルジャパン下田」で、2日目は堂ヶ島の「ニュー銀水」である。

  三島を出て修善寺、桂川ぞいにある「禅寺そば」を食べて旅の出発である。次の「とっこの湯」に向かった。

 地図の青字は主な旅程である。O君の車で修善寺、天城越え、下田、堂ヶ島、松崎などをまわる全行程約200kmである。

2

独鈷の湯
 
最初に寄ったのは「とっこの湯」である。「とっこ」は僧侶が使う杖のような仏具である。

 弘法大使が桂川で病の父を洗う少年を見て、独鈷杵で川の岩を打って霊湯を湧き出させて、父子に温泉療法を教えたという。修善寺温泉発祥の湯である。

Photo

修善寺

 修善寺は曹洞宗の寺で温泉街の中心にある。空海が創建したといわれる。

Photo_2

 手水場の水は温泉水で温かった。

Photo_3

竹林の小径

 桂川に沿う遊歩道である。

3

2_2

天城トンネル

 川端康成「伊豆の踊り子」の舞台である。

Photo_15

Photo_20

2_3

ループ橋

 2回転して天城峠を降り下田方面に向かう。

Photo_7

川津七滝

 七滝は「ななだる」と読む。その一つ「出会滝」を見た。

Photo_5

浄蓮の滝

 日本の滝百選に選ばれて、天城の山々、狩野川のせせらぎにある落差25m幅7mの雄大な滝である。

Photo_8

ジオリア

 2年前に開館した施設で伊豆半島の成り立ちが理解できる。

 46億年前に誕生した地球は地殻のプレート運動や火山活動により大陸がつくられた。伊豆半島は南の海底火山の噴火でできた陸が本州に衝突してできた。

 「ジオ」とはギリシャ語で大陸を意味する。

2018年8月21日 (火)

眼底検査

Daytona2_5


これまでかかっていたT眼科で検査技師が眼底カメラを撮りますと云われ、医師はその画像で診断をされた。このカメラはスコットランドのメーカOptos社製でニコン社が買収したというDaytonaという超広角眼底カメラで眼底の80%を見れるそうだ。

これまで散瞳処理をしてから医師が眼底検査をした。散瞳には30分くらいかかり両目の検査ができなく、半年後にもう片目を検査しますと云われたが両眼の検査が一度に済んだ。

糖尿病性網膜症、糖尿病黄斑症の画期的な診断で感激した。

2018年7月 8日 (日)

梅雨前線

Photo_editing_cloud20180708_1_2
昨夜、長良川は危険水域を超え避難勧告がでたが、朝になって天候は落ち着いたようだ。
友人が犬山市旧磯部邸で開催する絵画展を見に行った。
人物像を中心にした水墨画が素敵だった。

より以前の記事一覧