住まい・インテリア

2014年1月12日 (日)

快眠と暖房

Photo

寝室の暖房と快眠についての記事があった(「元気のひけつ」、朝日1月11日be版)。

温度15~18度、湿度は40~60%くらいが快眠によい。エアコンは3時間後に切り、加湿器で湿度を調節する。就寝から3時間に最も深い眠りになるのでこの時間の環境が大切である。

寝具も大切である。ウール毛布や羽毛布団が汗の吸湿性と放湿性に優れる。

寝る前の風呂は体温を下げて脳を休めるように、38~40度ぬるめで20分入るのがよい。

寝覚めのよい条件として、起床30分前に次第に部屋を明るく、暖く暖房されることが気持よく起床できる。明るさによって眠気を起こすメラトニンの分泌が抑えられるからである。

我が家、オイルヒーターと敷毛布を使っている。就寝前室温11℃、湿度51%であったが、起床時室温15℃、湿度49%であった。概ね適切である。