« 2019年5月 | トップページ

2019年6月

2019年6月21日 (金)

新章神様のカルテ

Photo_20190621110701

小学館出版今年2月発刊で、著者は信州大学医学部卒業である。神様のカルテシリーズの4作目で大学病院編になる。主人公は大学院生9年目内科医栗木一止で救急医療のチームで細君と長女2歳の小春が家族だ。

安曇野の美しい風景、大学病院の複雑なシステム、家族のことなどの記述に興味あった。

患者の状況で2人が面白い。1人目は「岡」さんで血便の大腸炎でCT検査で膵臓癌らしい像がカンファランスで問題になったが、珍しい自己免疫性膵臓炎を確定した記述である。

2人目は29歳女性「二木」さんで7歳の理沙ちゃんがいる家族で、若年性のステージIVの膵臓癌患者だ。手術不可で抗ガン剤治療も効果なく退院した彼女を大学へ連れ戻して不評が広まった事件である。院生に痛いバイト禁止の処罰を受けたが、最終的に医療に熱心な一止はチーム長に昇格になった。

住んでいる古い御嶽荘の住民の表現、とりこわしをめぐる問題、チームそれぞれの人格表現も面白い。専門的用語で膵疾患検査ERCP(内視鏡的逆行性胆管造影)や膵臓抗がん剤に使われるFolfirin-NOX、ジェムーアブラキサン、自己免疫膵臓炎の検査免疫グロブリンのIgG4が何回も出てきた。昔、大学病院に勤めたことがあって良く理解できた。

2019年6月20日 (木)

ラタテューユ

P_20190620_112913_vhdr_auto

男の料理で1)ラタテューユを作った。他に2)そうめん、3)きゅうりとワカメの酢の物、4)スイカゼリー、5)巻きずしである。

ラタテューユはフランス、ニース地方の野菜たっぷりの郷土料理である。ニンニクの代わりにしょうがを使い、豚肉を加えた。

材料2人分、豚肩ロース100g、しょうが11/2かけ(15g)、たまねぎ1/2個、ズッキニー小1本、トマト2個、なす2個、オリーブ油、塩適量

作り方、1)野菜を切る。しょうがは太めの千切り、たまねぎは4等分のくし形、ズッキニーは2cm角、トマト6等分くし形、なすは1.5cm厚さ輪切り、トマト、なすはヘタをとる。豚肉は片栗粉にまぶす。

2)表面加工のフライパンになす、たまねぎをのせ水1/2カップを加え中火、ふたをして5分加熱する。

3)ふたをとり水分が残っていればとばす。オリーブ油大さじ11/2、しょうが、ズッキーニ、豚肉、塩小さじ2/3を順に加えまぜながら約2分炒める。トマトを加え軽く煮くずれるまで1~2分炒める。

2)そうめん

材料2人分、そうめん2ワ100g、薬味(すりおろししょうが、みょうが、青ねぎそれぞれ適量)、つゆは市販品を使う。

作り方、鍋にたっぷりの水を火にかけ、沸いたら一度にそうめんを入れサッと混ぜる。再び沸いたら差し水をして沸騰を静める。再び沸いたらざるに上げて水にとる。もみ洗いしてぬめりをとる。

3)きゅりとワカメの酢の物

材料2人分、きゅうり1本、乾燥ワカメ4g、おろししょうが小さじ1/2、二杯酢(大さじ酢1、しょうゆ1)

作り方、1)きゅうり(板ずりして、熱湯に表面を通し冷水にさらす)は小口切りにする。2)ボウルにきゅうり、ワカメ(水でもどして洗って塩を抜く)、二杯酢であえる。おろししょうがをのせる。

4)スイカゼリー

材料2人分、スイカ小1/4(400g)、ゼラチン5g、生クリーム適量

作り方、1)水大さじ3にゼラチンをふり入れふやかしておく。スイカは真ん中の甘い部分を小さめの角切りにして種をとる。

2)残ったスイカは種と皮を除き、おおまかに切ってつぶす。

3)鍋に2)のスイカを入れ、砂糖大さじ1/2を加える。中火にかけて温め1)のゼラチンを加えて溶かしボウルに移す。

4)器に1)のスイカを入れ、3)を流しいれる。冷蔵庫で3時間固める。

5)食べるときボウルに生クリームと砂糖大さじ1/2を入れ6分立てにして4)にのせる。

5)巻きずし

材料2人分、米2カップ、水1カップ、焼きのり2枚、卵1個、砂糖小さじ2、塩少々、きゅうり1本、カニカマ1/2パック

合わせ酢、酢大さじ3、砂糖大さじ2、塩小さじ1

作り方、1)ご飯は固めに炊いて熱いうちに合わせ酢をかけすし飯を作る。

2)卵を割りほぐし調味し、厚めのの卵焼きを作り1cmはばい切る。

3)きゅうりは縦4~6本に切る。

4)まきすの上にのりを置きすし飯を広げて具をのせ巻いて形をととのえる。

2019年6月11日 (火)

泡の湯

Photo_34

白骨温泉風情泡の湯に泊まった。岐阜から中央線しなので約2時間で松本へ着く。松本から新島々経由で約1時間半で泡の湯へ着いた。

新島々からアルピコ交通バスに乗って白骨温泉次のバス停が泡の湯である。標高1400M大自然に囲まれた温泉旅館である。

新緑で回りの風情は美しい。

温泉は37度でぬるめのかけ流し露天風呂がある。硫黄の臭いがする乳白色した湯である。温泉粥も食べてみた。

Photo_33

部屋の入り口に部屋ごと違う小さな花が生けてあったり、いたるところに女将の気配りを感じる旅館である。

Photo_35

Photo_32

昨年FDA飛行機に乗車して泡の湯旅館の招待への応募で得たものである。

山奥のひなびた温泉であるが身も心も癒される旅館であった。

« 2019年5月 | トップページ