« リーフ試乗 | トップページ | ウイン・フィル2019 »

2018年12月20日 (木)

和の行事えほん

2 1

 高野紀子作の「和の行事えほん」は1年中の行事が「1春と夏の巻」と「2秋と冬の巻」の2巻に忘れかけている行事が説明されている。

 小さいころ親に教わった行事が今となって省略されつつある。

 12月の「年越し」はもともと正月をむかえる準備をすることを云ったが、今では年末の夜から新年の夜明けにかけてすごすことを呼んでいる。

 新しい年の神さまを迎えるために家中すみずみまできれいに掃除し、きよめる「すすはらい」、そして正月用の食品を売る市「年の市」などの言葉も懐かしい。

 大晦日の夜を除夜とよび、人間の煩悩の数108つの鐘をついて新しい年を迎える「除夜の鐘」、大晦日の夜に「年越しそば」を食べて長いそばにちなんで長寿を願う。

 1年の最初の日、1月1日は「元日」、「元旦」は元日の朝をいう。「鏡餅」は年神さまにそなえるおもちで、神様がやどるとされていた鏡のように丸いおもちをそなえる。11日の鏡開きまでそなえる。

 「屠蘇」は正月に飲む薬酒で長寿になると云われた。

 などの言葉が絵と一緒に説明されている。

« リーフ試乗 | トップページ | ウイン・フィル2019 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57839/67504030

この記事へのトラックバック一覧です: 和の行事えほん:

« リーフ試乗 | トップページ | ウイン・フィル2019 »