« 草津温泉 | トップページ | 七五三 »

2014年11月13日 (木)

鬼怒川温泉

草津温泉で1泊して、2日目は鬼怒川温泉に向かう。

国道145号、吾妻渓谷、高山村、沼田市を経て吹割りの滝で休憩する。
Photo_3
丸沼高原、金精峠、戦場が原を車窓から見て中善寺湖に到着する。
レストランにて昼食休憩をとる。
Photo_5
華厳の滝で休憩する。
Photo_6
2005年にインスブルグの友人と訪れた。エレベーターで降り、下から滝を見上げた写真である。
Photo_2
次に、東照宮に向かう。
江戸幕府によって建てられ徳川家康を祀る絢爛豪華な神社である。
Photo_7
陽明門は平成30年まで修復中である。
2005年に訪れた時の写真である。日本で代表される最も美しい門とされている。多くの彫刻が施されている。
Photo
五重の塔
Photo_11
唐門
Photo_8
神厩舎にある三猿である。人間の一生が彫刻に風刺されている。猿が馬を守るそうだ。
Photo_10
左甚五郎作の眠り猫
奧宮へつづく門にあり、敏感な猫が警備している。
Photo_9
鳴き竜
薬師堂の天井にあり、拍子木で打つと天井の竜の絵が鳴く「ルルル」と反射音が聞こえる。
Photo_4
鬼怒川温泉に到着    
「鬼怒川温泉ホテル」に宿泊する。バイキング料理は豪華であった。
2005年「山楽」に泊まった。以下3枚は当時の写真である。
豪華なホテルであった。ちなみに、じゃらん評価4.7、今回のホテルは4.5である。草津は4.1である。それなりに評価はあっている。両ホテルもロビーでWiFiが使えた。
Photo_3
鬼怒川の川沿いにある旅館群
Photo_4
階段いっぱいに描かれた大きな鬼の絵
Photo_5
3日目はわたらせ渓谷を通って伊香保へ向かう。
365段の石段があり、脇には店や旅館がある。
Photo_13  
水沢観音
天台宗であり十一面千手観音菩薩が安置されている。
七難即滅七福即生のご利益がある。
六角堂ではぐるぐる回してお参りした。
Photo_14
 
上信越自動車道を経て塩尻に着いた。
Photo_3
バスに乗っている時間が随分と長かった。1日平均200km、総距離約600km以上は走ったであろうか。
良かったのは2日目の快晴、鬼怒川のホテルの食事と紅葉シーズンであった。54800円はゆるせるかな。

« 草津温泉 | トップページ | 七五三 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼怒川温泉:

« 草津温泉 | トップページ | 七五三 »