« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月28日 (木)

バルテュス展と京都

8月15-16日、バルテュス展(京都美術館)を見に京都を訪れた。

岐阜から東海道在来線で約2時間である。料金は新幹線の1/3であるが、時間は3倍かかる。2回乗り換えるが、いずれも数分の待ち時間で概ね快適である。ちなみに1時間に2本あり、時間を気にせず気ままに旅行できる。
Photo_25 「地中海の猫」をバックに記念撮影できる
Photo_5 チケットにある「美しい日々」
パリに生まれ11歳に画家としデビューした。はたちであった節子さんと54歳で結婚して、スキャンダラスな画風で話題を呼び、晩年スイス・ローザンヌ地方のグラン・シャレという世界最大の木造家屋で暮らし93歳に亡くなった。
みだらなポーズをとった少女をモデルとした絵も多い。日本にも数回訪れ芸能人との交流もあったようだ。20世紀最後の巨匠とも云われた画家で見て楽しかった。
遅い昼飯であったが、近くにあった大明神總本舗で九条ねぎうどんを食べた。
だしが自慢であって美味しかった。神様に捧げる「御け」と店名に付けている。
Photo_2
つぎに南禅寺を訪れた。約10分の距離だったが暑かった。
Photo_21 琵琶湖から水を引いた水路閣
 
宿KKRくに荘に泊まった。旬である鱧コースを味わった。
鱧料理は吸い物、造り、寿司、揚げ物、しゃぶしゃぶ、鱧ごはんである。
Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7
他に湯葉、かもなすなどを頂いた。京料理を満喫できた。
Photo_8 Photo_9
翌日は世界遺産下鴨神社と植物園を訪れた。
Photo_23 十二干支ごとにお参りができる
Photo_3 縁結び相生の神様
Photo_22睡蓮が見頃であった
Photo 火星人?「アリストロキアトリカウダタ」
Photo_2 昼夜逆転室に咲いてる「月下美人」
真っ暗な部屋であるが、iso16000, F5.0, 1/40で撮った。
Photo_4 エーデルワイス
植物園は色んな色の睡蓮が美しく咲いていた。
温室にはこれまで見たことの無い珍しい花が多くあり、高山植物のところは低い温度で、サボテン熱帯地域では湿度が低く、日本の夏よりずっと快適である。
京都駅11階レストラン街のかつくらで昼食して帰路についた。

2014年8月10日 (日)

親子料理教室

8月6日、北市民健康センター栄養室において開催された。親子合わせて約20人が参加し、子供は小学生3年から6年生である。指導は長良東食生活改善推進委員10名である。

始めに栄養バランスのこと、毎朝ご飯を摂ることの大切さなどの話しをした。

料理のメニューはおにぎり(しらすとコーン、青のりの2種)と野菜、ハムのマヨネーズ炒め、フルーツヨーグルトの3品である。

野菜を包丁で切るのは既に慣れた手つきである。家庭で手伝っているのであろう。簡単な品で難なく終えることができた。

Photo_6

2

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »