« ジュンベリー | トップページ | 春のお庭 »

2014年4月11日 (金)

中将姫誓願桜

岐阜市大洞の願成寺を訪れた。

ご開帳されており、ご本尊の十一面観音(県指定重要文化財、鎌倉初期)にお目にかかれた。境内に樹齢1300年と云われる中将姫誓願桜がまだ咲きほこっていた。

官女の娘中将姫は継母にいじめられ美濃に逃れた。そして心労のため病になり願成寺にお参りして治った。その感謝として桜を植えたと伝説されている。

この種子が2006年に宇宙ステーション「きぼう」に搭載された。願成寺で種子が育てられて、この春に開花した。種から育てると開花まで10年かかると云われるが、宇宙帰りの種はわずか4年で開花したそうだ。

Photo_14

花弁の数は20片と多く、やまざくらの新種で天然記念物に指定されている。

Photo_17

宇宙帰りの桜

Photo

4年で4メートルに成長し、花弁は5片だそうだが散って葉だけであった。

Photo_2

« ジュンベリー | トップページ | 春のお庭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中将姫誓願桜:

« ジュンベリー | トップページ | 春のお庭 »