« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年5月

2013年5月13日 (月)

古希

古希は詩人杜甫の「人生七十、古来稀なり」に由来する。

長命になって、あまり稀の感を受けないが、ヨーロッパでも70歳のお祝いをするようだ。かってお世話になったウッターマン夫人、バーバラが6月に70歳になる。

長女アンナがゆかりある友人たちに思い出を募った。冊子を編集してサプライズ・プレゼントする企画である。

Barbarac

インスブルグの思い出として、上高地の風景をバックにお祝いメールを送った。

長寿の祝いは還暦(60歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)、卒寿(80歳)、米寿(88歳)、白寿(99歳)、百寿(100歳)などがある。私も古希を過ぎた。先、どこまで到達できるかな。

7月に古希のお祝いをした手紙が届いた。「70barbara2.pdf」をダウンロード

2013年5月 7日 (火)

リトルワールド

ゴールデンウイーク最終の6日に旅した。

犬山にある野外民族博物館リトルワールドを訪れた。開園30周年を記念したイベントがあって多くの来訪者で賑やかであった。トルコが新しく参加してサーカスを披露していた。また、国々の民族衣装が500円程度で借りれることで若い女性に人気がある。20か国あまりの街があり、短時間に世界一周できる。

下呂温泉に泊まって、翌日に「ひるがの高原」に足をのばした。

Lw

ドイツバイエルン州の村
Photo

ひるがの高原、牧歌の里

「牧歌の里」は標高1000メートルのひるがの高原にある。花や動物と親しめ、木工体験、結婚式などができるユニ-クな里である。東海北陸道ひるがの高原SAにあるスマートICを出てすぐである。

桜が遅咲きに咲いていた。遠景に雪をかぶった白山と大日岳が見える。
Photo_3

広大な敷地には季節ごとに咲く花々が植えられている。いまの季節はチュ-リップで、このあとラベンダーに変わる。
Photo_4

羊、馬、牛などが飼われ、また放牧されている。えさやりで動物と親しめる。
Photo_5

みずばしょう

ひるがの高原に「みずばしょう」の群生地がある。湿地帯に育ち開花時期は4,5月である。黄色い花が純白のほうに包まれる。飛騨にある池ケ原湿原のミズバショウの群生は広大であり、ひるがのより北に咲くそうだ。

夏がくれば思い出す。はるかな尾瀬とおい空。ーーーー

みずばしょうの花が咲いている。

Photo_2

風がやや強く、気温もぐっと下がったが天気は良く、よい休日であった。

2013年5月 2日 (木)

プーシキン美術展

愛知県美術館で4月26日から6月23日まで開催されており早速に覧にいった。

プーシキン美術館はモスクアにあり、フランス絵画を沢山所蔵している。フランス絵画300年の流れを紹介した美術展である。今回、日本初公開となるルノワールの「ジュアンヌの肖像」が目玉である。入場チケットに載っている絵だ。

Photo 朝日新聞 4月14日から引用

ルノワールの肖像画の傑作だそうだ。あどけない美女である。大きな絵でなかったがやはり印象が強かった。

他に印象派ルノワールの絵が覧れてうれしかった。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »