« 犬山ホテル ル・パラデイ | トップページ | きよしこの夜 »

2012年12月14日 (金)

脳卒中リスク低下の食品と身体活動

Photo シクラメン

Medical Tribuneの12月13日号(Vol.45, No.50)に興味ある記事が掲載されたので引用紹介する。記事はドイツの医学セミナーで報告された内容である。

リンゴ、ナシ

ドイツの研究で野菜と果物を色別に4つのグループに分類して、2万例以上を10年間にわたり調査された。その結果、白色グループのリンゴ、ナシが脳卒中予防に最も効果があった。摂取量を4段階に分けると、最も多く食べる群は最も少ない群に比較すると52%も発症率が低かった。

りんごは欧州でよく食される。なしは西洋なしであろう。両者は植物繊維が豊富である。また、りんごにプロシアニジン、西洋なしにフラバノールやアントシアニンが含まれ、この成分はいわゆるポリフェノール類である。ポリフェノは抗酸化作用、動脈硬化や脳卒中に対して予防効果となるであろう。食物繊維と共に体に良い成分である。

オリーブ油

フランスに居住する65歳以上の7,625例を調査した。調理においてオリーブ油を摂取している群では非摂取群に比べて脳卒中リスクが41%低かった。

オリーブ油は一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸が主成分である。他の食用油脂に比べて酸化されにくい。動脈硬化の予防はよく知られる。

チョコレート

スエーデン、カロリンスカ研究所の3万3000人の女性を対象にした調査で、チョコレート摂取量を週、66g摂取群は8g摂取群に比べて脳卒中発症率が20%低かった。

チョコレートの主成分はカカオである。カカオはカカオ・ポリフェノールが豊富であり動脈硬化予防に効果がある。

身体活動

台湾の40万例の研究で1日15分の身体活動だけで脳卒中死亡率は14%低下した。

米国の研究で、野菜果物5種類以上摂取、月12回以上の身体活動、BMIの正常維持、適度の飲酒、非喫煙の状況と脳卒中リスクとの関係が調査された。多くの項目をクリアする群ほどリスクが低かった。

« 犬山ホテル ル・パラデイ | トップページ | きよしこの夜 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳卒中リスク低下の食品と身体活動:

« 犬山ホテル ル・パラデイ | トップページ | きよしこの夜 »