« 清風水墨画会生徒発表展 | トップページ | なばなの里 »

2012年10月30日 (火)

箱根八里

10月28日から1泊、高校の同級生5人で旅行した。下呂、犬山、近江に続いての旅である。

体のいろんな機能が落ちてきてもみな元気であるので嬉しく思う。

川崎に住み建設関係の会社を起業しているO君の世話である。

小田原を起点にして小田原城、大涌谷、仙石原、芦ノ湖周辺の箱根園、駒ケ岳と、箱根関所、畑宿のいわゆる箱根八里の旅だ。

第1日目小田原城、大涌谷

2

まず小田原駅に近い、小田原城を訪れる。

15世紀に大森氏が築城したが、その後の城主は北条氏、稲葉氏、大久保氏と移りかわり波乱の状況が語られる。城の中は外観から見るより広く、歴史的な資料がいっぱい陳列されている。

つぎに行った大涌谷であいにくの雨になった。一つ食べると七年長生きするという、殻が真っ黒な温泉たまごを一つ食べる。生きる年数よりも健康な7年であれと願う。

芦ノ湖畔にあるO君の会員制リゾートホテルに泊まる。夕食後またお酒が加わり、これまでの苦労話しで夜がふけるが内容はいつも似ている。

2日目仙石原すすき、駒ヶ岳、箱根神社、箱根関所、畑宿

Photo 3

翌日みごとな快晴となった。

仙石原のすすき野原に向かった。広大なすすき野原に感激するが、太陽の光を受けて輝く穂が美しい。

Photo_7

湖畔の箱根園からロープウエイで駒ヶ岳に登る。1357mの駒ヶ岳には7分で頂上に着く。

頂上からの眺めは素晴らしい。眼下に芦ノ湖のほぼ全容が見え、左方向に元箱根と箱根が確認できる。

Photo_2

富士山の頂上付近が雲の上から見える。頂は真っ白な雪に覆われ雄大で美しい。

Photo_3

湖畔を南下して箱根神社に寄る。

箱根神社の造営は奈良時代にいたり、木造の男神と女神が御神像として奉られる。

その像が今年、国指定重要文化財に認定されて特別に公開されていた。鎌倉幕府の源頼朝はじめとする武将たちから崇敬されていたという。

Photo_4

さらに湖の南端にある箱根関所に寄った。

ここの関所は「出女」の検問がとくに厳しかったと説明されていた。大きな規模の関所であったことが覗えた。

Photo_5

最後に寄せ木細工で有名な畑宿に行った。細かな細工の実演が見れた。むくの寄せ木の価値は相当に高いものであった。

今回旅した場所は、東海道五十三次の宿である、三島、箱根、畑、小田原の八里区間であった。

昔、この箇所は越すに越されぬ大井川に加えて、天下の険と歌われた険しい箱根の山の難所であったそうだ。いまでこそ、道はくねくねと曲がるが簡単に車で行けた。

小田原の「かばこの里」にてみやげを買って再会を願って別れた。

« 清風水墨画会生徒発表展 | トップページ | なばなの里 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

拝見いたしました。なかなか充実した人生を過ごされているようで感服いたしました。
少しは見習い、がんばってみましょうかね。
こちらは、冬野菜な栽培が一段落で、あとは収穫を待つのみです。
来年の再会を楽しみにしています。

栽培する魅力ていいですよね。
手をかけただけ収穫に反映するから楽しみは大きいですね。
しかし、失敗はないのかな?

再会に向けて、ご期待に添えるように企画を綿密にねっております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57839/56005076

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根八里:

« 清風水墨画会生徒発表展 | トップページ | なばなの里 »