« 伊勢志摩 | トップページ | 軽井沢 »

2012年9月 2日 (日)

草津温泉

友人4人で8月30日~9月1日2泊で草津温泉、軽井沢、長野善光寺地域の旅をした。

草津温泉

「草津よいとこ 一度はおいで ア ドッコイショ、
お湯の中にも コーリャ 花が咲くヨ チョイナ チョイナ」

日本三名泉の一つで群馬県にある。

湯量は日本一で泉源は熱の湯、白旗の湯、千代の湯、大滝の湯、地蔵の湯、綿の湯の6つがある。酸性で(pH2)、殺菌力が強く、温度は50~90℃、どんな病にも効くと「草津節」に歌れる。

アクセスは長野・軽井沢から入った。

名古屋を出発して特急「しなの」約3時間で長野へ到着する。駅ビルMIDORIにある「とがくし」でたぬきそばを食べる。いつも食べるそばにくらべて白い。そばの撞きかたが異なり、皮が入らない「更科そば」だそうだ。

長野新幹線「あさま」に乗り換え約30分で軽井沢に着く。

Photo_5

長野新幹線は長野冬季オリンピック開催に併せて1997年に開業した。東京、長野間117kmを1時間40数分で結ぶ。「しなの」特急に比べ速くて快適である。2年後には金沢まで開通して東京・金沢2時間半で結ぶ最新車両導入の北陸新幹線が報道された。

軽井沢から草軽バスで約1時間、日本ロマンチック街道の一部を通って草津温泉に着く。

この街道はドイツロマンチック街道とおなじ広域観光ルートという同じ目標にちなんで名付けられた。まわりの風景はドイツと全く異なるが日光へとつづく街道である。

ホテル櫻井に泊まる。

2

ホテルから歩いて10分のところに「熱の湯」がある。

そこで湯もみショーを見る。

入浴の適温にするのに水を加えずに湯もみをする。45℃の暑い湯に3分間入浴する湯治法があるという。

Jpg_2

熱の湯の前に湯の花をとる「湯畑」があった。硫黄のにおいがする。

Jpg_4

ホテルにおいても湯もみショー、盆おどりなどが催され、しばし温泉地の雰囲気にひたった。

« 伊勢志摩 | トップページ | 軽井沢 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草津温泉:

« 伊勢志摩 | トップページ | 軽井沢 »