« 柳川、湯布院の旅 | トップページ | 美濃の花みこし »

2012年3月15日 (木)

別府、宇佐の旅

別府

湯布院から特急「ゆふ」に乗って大分まで行き、普通電車に乗り換え別府へ行く。約1時間である。「ゆふいんの森」号と較べて特色もない車両である。大分は久大線と日豊線の分岐駅である。

亀の井バスに乗って2時間半地獄めぐりを楽しむ。別府温泉は日本一の湧出量で、利用されている温泉水は1割のみという。鉄輪(かんなわ)、明礬温泉郷もバスから見る。湯煙がたっている風景は湧出量のすごさを感ずる。

8箇所の地獄をめぐるが、自然の勇ましい風景が見れる。駅に近い「白菊」に泊まる。

40から50分間隔で湧出する間欠泉の「龍巻地獄」である。

Photo

鬼石坊主地獄
Photo_2

山地獄
Photo_3

宇佐神宮
別府を出てパワースポットの宇佐に向かう。

特急の青いソニックに乗って30分である。2001年にブルーリボン賞を取った車両でユニークなインテリア車両である。大分から小倉、博多まで1時間ごとに走っている。宇佐から乗った時は白いソニックであった。

Photo_6 Photo_7

宇佐神宮は日本の八幡神宮の総本宮だそうだ。上宮(写真左)と下宮(右)があり、それぞれ一之御殿、二之御殿、三之御殿がある。下宮を参らないのは片参りだそうだ。二礼四拍手一拝の作法で全ての御殿にお参りした。

Photo_4 Photo_5

連続切符

この旅行で、岐阜から九州へのJR線は、東海道(岐阜→名古屋)、新幹線(名古屋→博多)、鹿児島(博多→久留米)、久大(久留米→湯布院、大分)、日豊(大分→別府、宇佐、小倉)、新幹線(小倉→名古屋)、東海道(名古屋→岐阜)を乗った。

切符は連続1、岐阜→小倉、連続2、北九州市内→岐阜である。

« 柳川、湯布院の旅 | トップページ | 美濃の花みこし »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別府、宇佐の旅:

« 柳川、湯布院の旅 | トップページ | 美濃の花みこし »