2019年6月21日 (金)

新章神様のカルテ

Photo_20190621110701

小学館出版今年2月発刊で、著者は信州大学医学部卒業である。神様のカルテシリーズの4作目で大学病院編になる。主人公は大学院生9年目内科医栗木一止で救急医療のチームで細君と長女2歳の小春が家族だ。

安曇野の美しい風景、大学病院の複雑なシステム、家族のことなどの記述に興味あった。

患者の状況で2人が面白い。1人目は「岡」さんで血便の大腸炎でCT検査で膵臓癌らしい像がカンファランスで問題になったが、珍しい自己免疫性膵臓炎を確定した記述である。

2人目は29歳女性「二木」さんで7歳の理沙ちゃんがいる家族で、若年性のステージIVの膵臓癌患者だ。手術不可で抗ガン剤治療も効果なく退院した彼女を大学へ連れ戻して不評が広まった事件である。院生に痛いバイト禁止の処罰を受けたが、最終的に医療に熱心な一止はチーム長に昇格になった。

住んでいる古い御嶽荘の住民の表現、とりこわしをめぐる問題、チームそれぞれの人格表現も面白い。専門的用語で膵疾患検査ERCP(内視鏡的逆行性胆管造影)や膵臓抗がん剤に使われるFolfirin-NOX、ジェムーアブラキサン、自己免疫膵臓炎の検査免疫グロブリンのIgG4が何回も出てきた。昔、大学病院に勤めたことがあって良く理解できた。

2019年6月20日 (木)

ラタテューユ

P_20190620_112913_vhdr_auto

男の料理で1)ラタテューユを作った。他に2)そうめん、3)きゅうりとワカメの酢の物、4)スイカゼリー、5)巻きずしである。

ラタテューユはフランス、ニース地方の野菜たっぷりの郷土料理である。ニンニクの代わりにしょうがを使い、豚肉を加えた。

材料2人分、豚肩ロース100g、しょうが11/2かけ(15g)、たまねぎ1/2個、ズッキニー小1本、トマト2個、なす2個、オリーブ油、塩適量

作り方、1)野菜を切る。しょうがは太めの千切り、たまねぎは4等分のくし形、ズッキニーは2cm角、トマト6等分くし形、なすは1.5cm厚さ輪切り、トマト、なすはヘタをとる。豚肉は片栗粉にまぶす。

2)表面加工のフライパンになす、たまねぎをのせ水1/2カップを加え中火、ふたをして5分加熱する。

3)ふたをとり水分が残っていればとばす。オリーブ油大さじ11/2、しょうが、ズッキーニ、豚肉、塩小さじ2/3を順に加えまぜながら約2分炒める。トマトを加え軽く煮くずれるまで1~2分炒める。

2)そうめん

材料2人分、そうめん2ワ100g、薬味(すりおろししょうが、みょうが、青ねぎそれぞれ適量)、つゆは市販品を使う。

作り方、鍋にたっぷりの水を火にかけ、沸いたら一度にそうめんを入れサッと混ぜる。再び沸いたら差し水をして沸騰を静める。再び沸いたらざるに上げて水にとる。もみ洗いしてぬめりをとる。

3)きゅりとワカメの酢の物

材料2人分、きゅうり1本、乾燥ワカメ4g、おろししょうが小さじ1/2、二杯酢(大さじ酢1、しょうゆ1)

作り方、1)きゅうり(板ずりして、熱湯に表面を通し冷水にさらす)は小口切りにする。2)ボウルにきゅうり、ワカメ(水でもどして洗って塩を抜く)、二杯酢であえる。おろししょうがをのせる。

4)スイカゼリー

材料2人分、スイカ小1/4(400g)、ゼラチン5g、生クリーム適量

作り方、1)水大さじ3にゼラチンをふり入れふやかしておく。スイカは真ん中の甘い部分を小さめの角切りにして種をとる。

2)残ったスイカは種と皮を除き、おおまかに切ってつぶす。

3)鍋に2)のスイカを入れ、砂糖大さじ1/2を加える。中火にかけて温め1)のゼラチンを加えて溶かしボウルに移す。

4)器に1)のスイカを入れ、3)を流しいれる。冷蔵庫で3時間固める。

5)食べるときボウルに生クリームと砂糖大さじ1/2を入れ6分立てにして4)にのせる。

5)巻きずし

材料2人分、米2カップ、水1カップ、焼きのり2枚、卵1個、砂糖小さじ2、塩少々、きゅうり1本、カニカマ1/2パック

合わせ酢、酢大さじ3、砂糖大さじ2、塩小さじ1

作り方、1)ご飯は固めに炊いて熱いうちに合わせ酢をかけすし飯を作る。

2)卵を割りほぐし調味し、厚めのの卵焼きを作り1cmはばい切る。

3)きゅうりは縦4~6本に切る。

4)まきすの上にのりを置きすし飯を広げて具をのせ巻いて形をととのえる。

2019年6月11日 (火)

泡の湯

Photo_34

白骨温泉風情泡の湯に泊まった。岐阜から中央線しなので約2時間で松本へ着く。松本から新島々経由で約1時間半で泡の湯へ着いた。

新島々からアルピコ交通バスに乗って白骨温泉次のバス停が泡の湯である。標高1400M大自然に囲まれた温泉旅館である。

新緑で回りの風情は美しい。

温泉は37度でぬるめのかけ流し露天風呂がある。硫黄の臭いがする乳白色した湯である。温泉粥も食べてみた。

Photo_33

部屋の入り口に部屋ごと違う小さな花が生けてあったり、いたるところに女将の気配りを感じる旅館である。

Photo_35

Photo_32

昨年FDA飛行機に乗車して泡の湯旅館の招待への応募で得たものである。

山奥のひなびた温泉であるが身も心も癒される旅館であった。

2019年5月29日 (水)

杉原千畝記念館

Photo_27

岐阜県八百津にある記念館を訪れた。

第二次世界大戦中、ユダヤ人がナチスの残虐から逃れるため日本通過のビザが必要であった。リトアニア領事館の外交官であった千畝は日本国からの要件を満たさないユダヤ人に対して人道を優先してビザを発給した。6000人ものユダヤ人の命を救った行為が今となって偉大に評価された。

Photo_28

千畝は八百津生まれで、愛知県第五中学校、今の瑞陵高校出身である。千畝の偉業を記念して記念館のある一帯を「人道の丘公園」として整備されている。

Photo_29

千畝の出身校は私の母校でもあるので記念館を訪れた。八百津は極めて不便な場所であり、小さな館であったが1時間以上も館内に居た。なにか胸にジーンと感じ、人の命を救うことに感銘を受けた。

下呂温泉

28日(水)に誕生日を記念してKKRしらさぎに宿泊した。翌日に杉原記念館を訪れた。

2_3

Photo_30

3

リーフ初遠乗りドライブ約209km(自宅から下呂84.7km、下呂から人道の丘経由自宅まで124.4km)である。余裕をもって充電し、初日は下呂合掌の里(44kw)で93%262kmで、翌日に八百津人道の丘公園(30kw)94%288kmである。それぞれ30分の急速充電でスローな旅である。

Photo_31

初日は平成道の駅で昼食をした。平成を惜しむことで人気あってにぎあっていた。翌日に関市のうなぎ屋で昼食をした。

2019年5月13日 (月)

瑞陵会奈良の旅

5月7日から同期生4人で1泊の旅をした。昨年は修善寺下田西伊豆の2泊の旅をした。

今年はS君のお世話である。例年秋に行っていたが春の奈良旅行で1日目は興福寺と東大寺を訪れた。

興福寺

東金堂

Photo_11

藤原家の寺である。五重塔、東金堂、中金堂、南円堂などがある。

薬師如来像を本尊とする。災を除き、病を治し、寿命を伸ばし、薬を与えて正しい道を導くご本尊である。

東大寺

南大門

Photo_12

金剛力士阿形像

Photo_13

南大門の東西に立つのが金剛力士である。

運慶、快慶がつくった。向かって左は口を開けた阿形であり、反対側にうん形がある。

大仏殿

Photo_14

大仏

本尊の大仏は廬舎那大仏と呼ばれる。像高約15m、頭部5.3m、目長約1mである。聖武天皇の発願によって創建され、宇宙すべてに光輝く仏という意味である。

66年まえ小学校修学旅行と30年まえオーストリアの友人と訪れた。大きさに感動する。

Photo_18

東大寺ミュージアム

入口の巨大スクリーン前に座って体を休める。

戒壇堂

Photo_17

中国唐の僧鑑真が来朝して、戒壇堂を築き僧侶を育てた。

二月堂

Photo_16

春の訪れを告げるお水取りが3月初めに行われる。

1250年以上にわたり継がれてきた「修二会(しゅにえ)」の行事である。

Photo_26

万葉若草の宿 三笠

若草山ドライブウエイ中腹にある宿に泊まった。

2日目は春日大社、薬師寺、唐招堤寺を訪問した。薬師寺、唐招堤寺は西の京にあるのでバスで移動した。

Photo_24

春日大社

若宮

15社の神様が奉られている。たとえば財運を守る「金龍神社」、夫婦円満を守る「夫婦大国社」などがある。

中心になるのは4つの神様が奉られている「若宮」である。3月に春日祭が、12月に春日若宮おん祭がある。

Photo_19

境内には3千基もの灯籠が寄進されている。

Photo_20

藤浪之屋

万灯籠が再現されている。

Photo_21

春日大社国宝殿

春日若宮おん祭で使われる高さ6.5mある日本最大の「だ太鼓」などが展示されている。

Photo_22

薬師寺

法相宗*の総本山である。天武天皇、持統天皇、文武天皇によって完成された。

金堂、東塔(修理中)、西塔、大講堂などがある。

道路を挟んで玄奘三蔵院伽藍と大唐西域壁画殿がある。壁画殿には平山郁夫画伯が30年かけて完成した壁画がある。

金堂

薬師如来を挟んで、日光菩薩、月光菩薩の三尊像がある。

薬師如来は医王如来といわれ、私たちの身、心の病気を救ってくださる仏様である。

Photo_25

中門 仁王像

2_2

唐招堤寺

鑑真が来朝して東大寺の戒壇堂で仏教の布教につとめた。5年後「大和上」の称号が与えられて、律宗*総本山の唐招堤寺を築いた。

金堂、講堂、戒壇(石段のみ)などがある。

*法相宗、律宗は中国13宗の宗教宗派であり、うち10宗が日本に伝来した。浄土真宗本願寺波(西本願寺)、浄土宗、高野山真言宗などが日本で多い宗派である。

金堂

薬師如来、廬舎那仏、千手観音像がある。

Photo_23 

代表となるお堂のみ掲載しているが、観るところは一杯あって1日約1万歩以上歩いた。

訪れた施設は古都奈良の文化財としてすべて世界遺産に登録されている。ご利益あると思う旅だった。

興福寺・東金堂・薬師寺の銘が入ったお守りを買った。

JR奈良駅で平宗柿の葉すしをみやげに買ったがうまかった。

旅行の経費である。

ダウンロード - e5a588e889afe69785e8a18ce587bae7b48d.xls

 

«ハープコンサート